大学受験生の医学部志望が増えている現状に思う事

大学受験生の医学部志望が近年増加傾向だそうです。
先行きが読めない将来の経済情勢において手に職をつけておけば仕事には困らずに済むであろうという見通しがあるのかもしれません。
医療に携わる事は大変な業務となるわけで,そこを踏まえても従事したいという意志の強さがあればよいと思います。でも将来の安定や名誉を前提に考えている人達も含まれていて希望者が増加しているのであれば,少し不安な状況です。
受験生の親御さんが子供について欲しい職業として医療系が上位にきています。
職業の安定性に加えて家族に医療関係者がいてくれたら老後も少し安心という考えがあるのかもしれません。
ただ医療は人の命を預かる職業ですから美味しい所だけではなく責任や使命感が必要な職業です。
受験生の皆さんや家族の皆さんもそれなりの覚悟を持って医療の門をたたいて欲しいものですし,将来モンスタードクターが乱立しないように医療養成機関も知識や技術だけではなく人間性を磨く教育を望みたいものです。