やはり、株式投資とは常に試行錯誤の連続です

株式投資とは常に試行錯誤の連続です。つまり、今までやっていることだけをいつまでもやっていても進歩がありません。ですから、株式投資とは常「に余計なこと」をしなければならないのです。

ただし、なんとなく買ってみたとか、なんとなく空売りしてみたとか、なんとなく何々してみたというよく分からないことはやってはなりません。

なんとなくではなく、こうすればうまくいきそうだということが考えてそれを行動に移すのです。

良く考えて、うまくいきそうなことをやってもすべてがうまくいくわけではないのでどうしてもうまくいかなかったトレードは他人から見ると「余計なこと」に見えるかもしれませんが、それは余計はことではないのです。

それに、私はすでに株式の上昇相場はすでに終わったと思っているので、株価が大きく下がった時にしか株式を購入しません。ですから、今年は余計なことをするというよりもあまり取引をしないと思います。

今年は、チャンスとは案外少ないのかもしれません。キャッシング会社 比較